予防歯科

防歯科

  • お電話でのお問い合わせはこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

歯を本気で守るなら「予防」です~予防歯科~

虫歯や歯周病になったら、できるだけ早く適切な治療を受けることが大切です。しかし、それよりもっと大切なことがあります。それは「予防」です。一度虫歯や歯周病になれば、いくら高度な治療をしても歯や歯ぐきを元どおりに戻すことはできません。本気で歯を守りたいのなら、「予防」に勝るものはないのです。

こちらでは福岡市早良区の歯医者、いえもと歯科クリニックが、予防の大切さをご説明します。あなたも今から、予防習慣をはじめましょう。

日本が出遅れている予防意識

日本が出遅れている予防意識

50歳後半以降の日本人の、2人に1人が入れ歯を使用しているということをご存じですか?
さらに75歳以上の方では、約6割が総入れ歯をつけているというデータもあります。

「年をとったら入れ歯は当たり前」ということはありません。
これだけ入れ歯が多いのは、実は日本特有の傾向なのです。
これは、日本における予防意識が世界に比べて出遅れてしまっていることが原因だといわれています。

歯を失ってしまう原因の多くは、虫歯と歯周病ですが、この2つの病気は予防することができます。
歯科先進国である欧米では、かねてからこのことがよく理解されており、歯科医院に通うのは「治療のため」ではなく「予防のため」というのが常識なのです。

歯を失い、入れ歯にならないためには、日ごろから適切な歯みがきを行うのはもちろん、定期健診に通い、医師のチェックと適切な予防処置を受ける習慣を身につけることが大切です。
「予防」のこと、もっと真剣に考えてみませんか?

「奥歯」には、とくに注意が必要です

「奥歯」には、とくに注意が必要です

毎日の歯みがきで、とくに注意したいのが「奥歯」です。
奥歯には溝があり、汚れが溜まりやすいうえに歯ブラシが届きにくいために、虫歯や歯周病になりやすいのです。「奥歯が虫歯である」「過去に治療を受けた」という方は、20代でも7割弱、40代以上では9割以上というデータも出ています。

とくにプラーク(歯垢)が残りやすいのは、「咬み合わせ部分」「歯と歯の間」「歯と歯ぐきの境目」の3ヶ所。
歯みがきをするときにはこの部分に注意をするのはもちろん、定期的に歯科医院で専門的なクリーニングを受け、奥歯を守ることが大切です。

「治療を終えてから」が本当のスタートです

「治療を終えてから」が本当のスタートです

虫歯や歯周病の治療で通院している間は、お口のケアに注意するものの、しばらくするとおろそかになってしまって……という方は少なくありません。それによって再発を招き、治療をくり返していれば、その歯はいずれ失ってしまうでしょう。
大切なのは、「治療を終えてからどうするか」なのです。

はじめの治療が必要になったのには原因があり、それを取り除かなければ、必ず再発してしまいます。
同じことをくり返さないためには、以前にはできていなかったケアをきちんと行うことが大切なのです。
「ここからがスタート」であることを理解し、毎日の正しいケアと定期健診を欠かさないようにしましょう。

PICK UP!!~予防は「歯みがき」だけで十分!?~

~予防は「歯みがき」だけで十分!?~

「毎日ちゃんと歯みがきしてるのに、虫歯になってしまった……」という方は少なくありません。それはなぜでしょうか?
残念ながら歯みがきは、お口の中の汚れを減らすことはできますが、すべての汚れを落とすことはできないのです。そこでおすすめするのが、歯科医院で行う専門的なクリーニングです。

歯科医院では、口腔衛生の専門家である歯科衛生士が専門の器具を使い、歯と歯、歯と歯ぐきの間などに入り込んだプラークや歯石を徹底的に取り除くクリーニングを行います。最後に歯面をつるつるにみがき上げるため、汚れが再付着しにくくなり、虫歯や歯周病の予防に効果的です。

「歯みがきしているから大丈夫」ではないことを理解し、積極的にクリーニングを受けて、お口の健康を維持しましょう。

診療メニュー

  • 一般歯科
  • 予防歯科
  • 小児歯科
  • ホワイトニング
  • 入れ歯
  • 床矯正
  • 歯周病

休診日のご案内

2019年9月

2019年10月

ドクターインタビュー

アクセス

map

住所:福岡県福岡市早良区小田部7-6-13

いえもと歯科クリニック

  • 費用について
  • Q & A
  • 医院案内

ブログ

歯科タウン

求人

© 2015 IEMOTO DENTAL CLINIC inc.