院内感染対策

内感染対策

  • お電話でのお問い合わせはこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

安心・安全な治療環境のために~院内感染対策~

すべての患者様に、安心・安全な治療環境をご提供すること。これは医療機関として、当然のことです。福岡市早良区の歯医者、いえもと歯科クリニックでは院内感染を防止するために、治療器具の滅菌消毒をはじめ、院内の衛生管理を徹底するなど万全の対策をとっています。こちらでは、その詳細をご紹介します。

いえもと歯科クリニックの超・滅菌消毒主義

当院では、大切な患者様を感染の危険からお守りするために、「超・滅菌消毒主義」を宣言します。

【宣言文】
私たちは、大切なすべての患者様に
安心・安全な治療を受けていただくために、
治療器具の滅菌・消毒を徹底して行うことを誓います。
滅菌・消毒とは 治療に使用した器具に付着した細菌類を殺菌して除去し、器具を介する院内感染を防止する作業です。これは、医療現場において欠かせない、大切な業務だといえます。
滅菌・消毒が
重要な理由
近年、B型肝炎やC型肝炎、またエイズなど、血液を介して感染する可能性がある病気が増加しています。出血をともなうことが多い歯科治療では、衛生管理が行き届いていないと、これらのウイルスが感染してしまう危険性があるために、きちんと滅菌を行うことが重要になるのです。

院内感染対策にこだわる理由

院内感染対策にこだわる理由

院内感染は恐ろしいものですが、しっかりと対策をとっていれば防ぐことが可能です。その一つが、使用するすべての治療器具の徹底した滅菌・消毒。またうがい用のコップやエプロン、スタッフのグローブ(手袋)などには使い捨てできるものを採用するなど、細部まで安全管理にこだわることで、院内感染は防止できるのです。

患者様に、治療環境の安全をお約束することは、医療機関としていわば当たり前のことです。今後も、自分が、そして自分の家族が受けて安心できる治療のご提供に努めます。

歯科医院を清潔に保つポイント

当院では以下のポイントに注意し、院内を清潔に保っています。

【ポイント1】
テーブルには最小限の物を
治療に使用する器具はすべて滅菌・消毒済み。必要なものだけ出して使います。
【ポイント2】
患者様ごとに器具をセット
滅菌した器具はパックして保管。次に使用するときに出し、患者様ごとにセットします。
【ポイント3】
ドリルは毎回滅菌
歯を削るドリルは滅菌を重ねることで寿命が短くなりますが、使用後には必ず滅菌しています。
【ポイント4】
グローブの装着
治療時には清潔なグローブを装着。使い捨てのものを使用します。
【ポイント5】
紙コップ・エプロンは使い捨て
紙コップやエプロンなども、できるかぎり使い捨てできる物を採用しています。
【ポイント6】
イス・テーブルの拭き上げ
治療時には、目に見えないだ液や血液が飛散します。治療後には必ずイスやテーブルを丁寧に拭き上げます。

診療メニュー

  • 一般歯科
  • 予防歯科
  • 小児歯科
  • ホワイトニング
  • 入れ歯
  • 床矯正
  • 歯周病

休診日のご案内

2019年9月

2019年10月

ドクターインタビュー

アクセス

map

住所:福岡県福岡市早良区小田部7-6-13

いえもと歯科クリニック

  • 費用について
  • Q & A
  • 医院案内

ブログ

歯科タウン

求人

© 2015 IEMOTO DENTAL CLINIC inc.